2013年01月20日

4年ぶりの帰省

本当に久しぶりに実家へ帰りました。
僕の実家は北陸で、今の季節は毎日雪雲に覆われてどんよりした空です。
北陸の冬は関東の冬のようにカラッと寒いのではなく、湿気の多い寒さで「冷たい」という表現の方がしっくりきます。
今日もとても冷たい空気の中、地元の電車に乗って家路をたどりました。実家は最寄りの駅から500メートルくらいなのだけど、その駅はいわゆる無人駅で、だれもいないそのたたずまいがより寒さを募らせます。

inaka.jpg

でも久しぶりに降り立った無人駅はとても懐かしく、遠い子供のころを思い出させてくれました。
僕が東京へ出てからすでに30年の時間がたっているのだけど、目の前に広がる風景はあの頃と何一つとして変わっていなくて、まるで時間が止まってしまっていたかのようです。
でもそれがとても僕を安心させてくれるのが、なんだか不思議な感じがしました。
きっとそういう風に感じる年齢になったのだなあと気づいた一日でした。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
タグ:あれこれ
posted by Yasushi at 21:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

雪道は危険!

昨日は結局、一日中雪が降り続き、茅ヶ崎も10センチくらいは積もりました。
夜には雨に変わったけど遅くにはあがって、それから一気に冷えて今朝は雪がカチンコチンに凍った朝になリました。
冷たい空気の中、みんな足下を踏みしめて通勤通学をされていたようです。

NHKによると、今日一日の車のスリップ事故など雪による車両事故は、関東甲信越でなんと5500件以上もあったとか。
そりゃそうだろうと思いました。
僕も今朝は歩いて職場へいったのですが、雪がびっしり積もったままの道路を半分以上の車がノーマルタイヤで走っていました。
チェーンを巻いている車はほんの数台しか出会いませんでした。
途中何台かの車はちょっとした坂道を上れずに、キュンキュンとタイヤを滑らせて無理矢理発進しようとしていたり、交差点で信号が変わる間際に右折して、滑って頭を振っていたり、はっきり言って無茶苦茶です。
頭を振ったその先に、もし子供やお年寄りがいたら一体どうするつもりなのでしょう。
そういう事を想定しないで当たり前のように雪道をノーマルで出てくるのは、非常識といわれても仕方が無い。もしそれで事故を起こしたら徹底的に責任を追及されますよ。

関東の人は普段雪になれていないからいつもの勢いで普通に車を使うのだろうけど、車は今日のような日にはちゃんと準備して乗らないとカンタンに凶器になります。チェーンなどの準備が無いのなら、雪の積もった道は車で走ってはダメです。
免許を持つ人はしっかり理解して、不幸な事故を減らしたいですね( ̄~ ̄;)

ゆき.jpg


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by Yasushi at 23:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

冬の歌といえば…

冬の曲。何がお好きでしょう?
少し考えて最初に出てきたのが、古内東子サンの「コートを買って」でした。自分でも少し意外。
もっと昭和の曲が最初に浮かびそうな気がしていたのですが。。
もっともクリスマス前ならまた違う曲だったかもしれませんね。何しろ日本では12/25を過ぎると何十曲もの名曲が「また来年!」とさーっといなくなってしまうのでヾ( ̄o ̄;)

古内さん、実は結構好きなミュージシャンです。女性ファンからの支持が多い人ですよね。
僕もそんなに詳しくはないのだけど、女性の心の動きをすごくリアルに歌っている気がして、ずいぶん前から聞いていました。「うそつき」とかは男の僕が聞いても泣けます(T-T)
BGMとしてではなく、ちゃんと曲を最後まで聞きたいと思える、僕の中では数少ないアーティストのひとりです。
そういえば最近は結婚の報道もあって良かったですね(^―^)



昭和の冬の歌(お約束…でもないか)といえばたくさんありますが、これこそ、というものは本当に古くて、演歌に近くなります。
全体的に歌詞も曲も重い。そしてそれは基本的に雪の重さです。水分をずっしりと含んだ「ボタン雪」の重さをまとった曲が昭和にはありました。有名どころだと、まずはこのへん。



ちゃんとした名曲なんですよ。
このYOUTUBE動画はダークダックスだけど、いろんな人が歌っています。
「雪の降る街を、思い出だけが通り過ぎていく」
どんな思い出が通り過ぎていくのでしょうか。深い歌詞です(‐ ‐;)

あとはこれなんてどうでしょう。



アダモさん(アダモちゃんではない)はベルギー人ですがちゃんと日本語でも歌ってくれてます。
結構小さな子供の時の歌でしたが、「ゆーきーはーふうる」と歌っていた記憶があります。

あと、これは冬の歌といっていいのかどうかわからないけど「アドロ」



歌詞がまたずっしりと重いです。
グラシェラ・スサーナという名前の人が歌っていたのかと今回初めて知りました┐('〜`;)┌
名曲はいつまでも色褪せませんね。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by Yasushi at 23:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。