2013年01月14日

吹雪の「高南駅伝」

茅ヶ崎の今朝段階のの天気予報は「午前中は冷たい雨、午後から少しずつ雪が混じり、うっすらと道路に積もるかも」だったけど、とんでもないヾ( ̄o ̄;)
午前9時前には雪が降り始め、あっというまに目の前も見えなくなるくらいの本降りに。

そんな中、昨日書いた通りに新春恒例の「高南駅伝」が決行されました。
さすがにこんな天候のためか例年と比べると観客も少なめで、お目当てのランナーが走り去ると、とりあえず屋根の下へ避難という感じで、見ている方もブルブル震えながらの応援でした。

しかし何といっても大変なのはランナーです。大体みんな夏のような格好で走っているのに周りは吹雪です。うちの次男は4区を担当しましたが、あとで聞くとあまりの寒さに体が固まってしまい、足が前に出ないのだと。雪で前もよく見えないし、一体どの辺を走っているのか、誰を抜いて誰に抜かれたのかもほとんど分からず、ただ本能だけで走っていたようです。
それでも何とか順位を3位から2位にあげ、アンカーへつなぐことができました。中学生として最後のレース、何とか結果を残せて満足できたみたいです(^―^)

ところで次男が出場したチームは、茅ヶ崎の地域別に組まれた地元のチームです。5人のメンバーの中でうちのは最年少で、あとの選手は大学生や社会人など大人ばかり。このメンバーで昨年の11月から何度も練習を繰り返してきました。3年間、選手として出場できたのも幸運ですが、こんなランナーとしての、また人生においても先輩である人たちと出会えたのも彼にとっては財産です。いろいろな刺激を受けることができたのはもちろん、区間をまかされているという意味では年齢に関わらず選手は対等です。そんな風に回りに扱われ、でも小僧として可愛がっていただいたことを、このあとの糧にしてほしいなあと、親としては思います(^―^)
息子と、全選手の皆さん、また悪天候の中、大会を運営して下さった関係者の皆さんに心から感謝しますm(__)m




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by Yasushi at 23:43| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

茅ヶ崎の新春は「高南駅伝」から

明日は1月14日、成人の日です。

祝日の趣旨とは全く関係ないのだけど、我が茅ヶ崎では明日伝統の「高南一周駅伝競走大会」(通称「高南駅伝」)が開催されます。駅伝と言えば「箱根」ですが、我々茅ヶ崎市民にとってはこの「高南駅伝」は新年になくてはならない一大イベントです。ちなみに今年の開催がなんと75回目(100年の3/4と考えるとすごいですね)で、神奈川県内で最も古くから行われているレースなのです。

参加資格は茅ヶ崎市民・寒川町民であること。(地区対抗レースの場合)
茅ヶ崎市・寒川町から160以上のチームが参加して優勝を争います。コースは茅ヶ崎市総合体育館前をスタート・中継・ゴールとして、男子が1区間5250メートル(全5区で26250メートル)、女子が1区間2720メートル(全5区で13600メートル)をタスキでつなぎます。

毎年早朝からびっくりするくらいの大勢の観客が応援に押し掛けて、選手に熱い声援を送っています。
僕の次男も中一から選手として参加していて今年が3年目。受験生なのですがこの駅伝は外せません。(といいつつ、今日も真鶴まで行って駅伝に出てましたが(‐ ‐;)
去年の次男のタイムは17分35秒でチームは3位入賞。今年は中学最後の大会ですから有終の美を飾りたいところ。
ですが明日は冷たい雨のようです。駅伝ですから天気なんか関係なく決行されるのですが、親としてはコンディションも心配です。
なにはともあれ、中学最後のレース。悔いなく走りきってくれるよう祈るのみです。

市民に元気をくれる、全選手にエールを!

「伝統の駅伝 14日に号砲(タウンニュース)」


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by Yasushi at 21:27| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ラチエン通りはフツーの道

サザンの初期のアルバムに「ラチエン通りのシスター」という曲がありましたね。
今でも時々聞くけど、この曲ってもう30年以上前の曲なんですね。時の流れの速さにちょっとボーゼンとしてしまった( ̄◇ ̄;)
そのラチエン通りは茅ヶ崎の中心部を走る道路です。国道1号線沿いにあるTOTOの工場の横を起点に、菱沼海岸までまさに一直線に伸びた道。

ラチエン1.jpg

以前は、「サザンが歌うくらいだからオサレな店が並ぶかっこいい通りなんだろー」と勝手に思っていたのですが、実際に来てみると特にどうということもない普通の生活道路です。
そもそも大通りでもなく、それどころか車がすれ違うと人や自転車は立ち止まって待っていなければならないような、はっきりって狭い道。
商店街と名前は付いているけどお店もポツポツあるだけ…。どちらかといえば途中で交差する「鉄砲道」の方が気になるお店が多いくらい。

ラチエン2.jpg

でもラチエン通りは地元の人にとても愛されている通りです。

通行しているのはボードをチャリンコに横付けしたサーファーと、買い物途中のお母さんたちがほとんど。派手さはないけど歩いていると安心できる温かみのある道です。
もちろん夏の間は海へ向かう人も多くて、それなりに交通量はあるのですが、夏が終わると人通りも減って静かな通りに戻ります。
今くらいの季節だとお日様がポカポカと気持ちよくて、海までお散歩がてらゆっくり歩いている地元の人も人も多いのです。
どこまでも一直線に伸びたその見通しも気持ちがいいのですが、なんといっても印象的なのが、海が近くなるにつれてその突当たりに見えてくる茅ヶ崎のシンボル「えぼし岩」です。(下の写真、道の突き当たりに小さな突起が見えますか?)

ラチエン3.jpg

鉄砲道との交差点を過ぎたあたりから、道の終点に小さく見えてくる海から突き出した突起。それがだんだんと大きくなって海のそばへ行くほどに存在感が増してきます。
ゴールである国道134号線まで行くと岩の全景が見えて「海だあ」と満足できますよ。

ラチエン4.jpg

ちなみに「ラチエン」とはかつてこの通り沿いに住んでいたドイツ人の貿易商の名前で、大邸宅を構えていてそれが通りの名前の由来だとか。
月に一度はのんびり散歩したくなる通りです(^―^)

冬場のカサカサ肌には要注意!!


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押してくださるとランクアップにつながります。よろしければお願いします。

人気ブログランキングへ
posted by Yasushi at 15:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茅ヶ崎街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。