2012年12月31日

「ネコまんま」の真実

ゴハンの話です。

ネコのエサと言えば今はキャットフードが当たり前ですが、僕が子供のころ(ん十年前)はいわゆる「ネコまんま」というやつでした。人間が食べてるご飯(白米)に雑魚とかおかかとかを混ぜて、たまには味噌汁とかぶっかけたものを普通にネコや犬たちは食べていました。

今でもご飯に鰹節をかけて混ぜたものや、味噌汁をかけたのを「ネコまんま」といいますが、今のそれってどちらかというと人間が食べるものとしての呼び名ですよね。
あまりネコに「ネコまんま」はやらなくなりました。
最近のネコはあげても食べないしね┐(´-`)┌

それに「ネコまんま」はあまりネコにとってはよい食べ物ではないらしいですね。
うちのニャンズの主治医から聞いた話だと、人間の食べ物はネコにとっては塩分が強すぎるとのこと。それに白米とかは消化がしづらいらしく、おなかをこわす原因になることもあるみたいです。昔のネコたちってタフだったのかな。
ちなみにうちの次男(人間のです)は「ネコまんま」が大好きです(^―^)

鰹節というと思いだすのが「猫に鰹節」ということわざですが、これの意味をずっと「大好きなものをあげる」みたいなとらえ方をしてたんですが、全然違うんですね。
これは「猫に鰹節の番をさせる」の略で、要するに「過ちを起こしやすくてキケンな状態」のことを指すんだと、最近知りました。
人生いくつになっても勉強ですね(゚ー゚)(。_。)

gohan.jpg


ペット(猫) ブログランキングへ
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
posted by Yasushi at 10:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | うちのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。